カテゴリ:思い出の夕張( 68 )

2011年 05月 18日
祖母の桜
a0039489_23375010.jpg
撮影地:夕張市清水沢

月曜日から父の病院の検査の為、夕張の実家に行ってきた。

札幌は桜の開花以降 風が強かったり花散らしの雨が降ったり寒かったりで

あまり お花見にはパッとしない天気が続いた。

今年こそは桜を撮ると決めていたのに 「また今年もだめか」と諦めていた。

しかし、実家へ行ってみると 近くの空き地に見事な満開の桜の木があった。

この木は僕の祖母が今から30~40年近く前に苗木を植えた桜だと言う。

あまり昔のことで 母もはっきりした年は覚えてないようだ。

それにしても とても綺麗に咲いていた。

生憎 一眼レフを持って行かなかったのでコンデジでの撮影となったが

はじめて桜と言うものを撮影した。

今は亡き祖母から僕への ささやかな贈り物なのかもしれない
[PR]

by miyu-uni | 2011-05-18 23:36 | 思い出の夕張
2011年 04月 01日
夕張神社
a0039489_22493485.jpg
撮影地:夕張市住初(すみぞめ)

物心が付く頃から高校生まで夕張に住んでいたが、当時はここへは一度も訪れたことが無い。

夕張の実家からは車で15分もあれば着くような距離だ。

そう考えると、いかに学生の頃は行動範囲が狭かったのかと思ってしまう。

まだ中学生だった従兄弟はチャリで夕張から函館方面まで爆走し 警察に補導されると言う

武勇伝があるが 僕には そんな冒険心の微塵もなかった。

良き思い出として、そのくらいの事のひとつでもやっておけば良かったと

思うのも歳のせいか。。

この夕張神社は社格も高く、学問の神様・菅原道真公の神社として知られているようだ。
[PR]

by miyu-uni | 2011-04-01 23:02 | 思い出の夕張
2011年 03月 30日
駅前食堂
a0039489_19285169.jpg
撮影地:夕張市清水沢

ずばり「駅前食堂」。 実にいい響きです。

ここは現在も営業している様子でした。 今度行ったら寄ってみよう。
[PR]

by miyu-uni | 2011-03-30 19:30 | 思い出の夕張
2011年 03月 22日
夕張市南部青葉町にて
a0039489_9415569.jpg
撮影地:夕張市南部青葉町

東北地方太平洋沖地震発生から11日経ちました。

昨日21日18時の状況では死亡・行方不明者が2万1千人にも達していて

まだまだ増える見込みとのことです。

ニュースを見る度に どこまでこの被害が大きくなるのか…と胸が痛みます。

僕としては 募金しました、節電してます、買いだめはしていません…等 今できることを

してはいますが 何とも複雑な心境です。

ブログを書くことも申し訳ない気がしてなりませんが、自粛ばかりが良いのかな? とも考えてしまいます。

20日から僕のお店5店舗でも「ぐるなび」の募金箱を設置致しました。

少しでもお役にたてれば幸いです。

さて、写真は 僕の故郷の夕張です。 この右側の家は 恐らく高校の同級生の住んでいた

所ではないかと思います。

今は変わり果てた姿になっていますが 泊まりにも行ったりした思い出があります。

住んでいた本人には昨年 約25年振りくらいに電話連絡が取れました。

今年は是非会ってみたいものです。
[PR]

by miyu-uni | 2011-03-22 10:01 | 思い出の夕張
2011年 03月 07日
夕張 市民健康会館
a0039489_1555850.jpg
撮影地:夕張市清水沢清栄町

夕張の清水沢清栄町にある市民健康会館。

実家の雪はねに行った時にふと立ち寄ってみた。

僕の学生時代は清水沢体育館と呼んでいたような気がするのだが…

ここは 学校の体育館と同じようにステージやバスケットゴールがあり、スポーツ等を楽しむ施設だったと

記憶している。

高校の時に ここを借りて友人と観客(友人数名)を集めてギターを弾いて唄を楽しんだ。

それはライブと呼べるようなものではなく完全なアンプラグドで生ギター2本でマイクなし!

当時はかぐや姫や風、ふきのとうなんかを良く唄っていたっけ。

でも、それはそれで楽しかったなぁ…などと思い出してしまいます。
[PR]

by miyu-uni | 2011-03-07 02:09 | 思い出の夕張
2011年 02月 28日
北炭清水沢火力発電所
a0039489_15342093.jpg
撮影地:夕張市清水沢清湖町

清湖町にある清水沢ダム堰堤と言おうか 、橋と言うのか よく分かりませんが

そこから撮影した北炭清水沢火力発電所。 北炭が大正15年3月に竣工した自家発電所である

平成8年から解体作業が進み

かなり大きな建造物ではあったが 現在は写真のとおりである。

すべて無くなってしまう前にと思い 記録してみた。

僕が学生の頃は この大きな煙突からモクモクと煙が出ていたのを覚えている。
[PR]

by miyu-uni | 2011-02-28 16:18 | 思い出の夕張
2011年 02月 04日
雪はね
a0039489_16494.jpg
撮影機材:Panasonic LUMIX G1  撮影地:夕張市清水沢

雪はね……いわゆる除雪の事だが わが故郷 夕張では雪はねと言っていた。

冬になると「いやぁ~雪はねで ゆるくないね(大変だねの意)」とか「明日も朝から雪はねだわ」なんて会話が

毎日のように交されていた。 いや今でも 変わらず そんな日々を過ごしているのだと思う。

今年になってから 2度 夕張の実家の雪はねに行ってきた。

年老いた両親が住んでいるので ちょっした親孝行と言ったところだろうか。

毎日のように降る雪に対して 月に2~3回程度の助っ人なんてたいして役にも立たないのだろうけど

出来る時になるべくしてあげようと思う。

普段は実家の隣のおじさんや息子さん達が助けてくれるので感謝しています。

そんな方達へのお礼として 僕はビールを持って行ったりしかできないんだけれど

田舎の人達って そう言うのは嫌がるんだよね。 何せ当たり前のこととして気持ちでやってくれてるから。

都会の人たちが忘れてしまった情が夕張にはたくさん溢れています。

そんな訳で今週末も夕張に雪はねに行ってきます。
[PR]

by miyu-uni | 2011-02-04 16:21 | 思い出の夕張
2010年 08月 25日
シューパロ湖
a0039489_23523149.jpg
撮影機材:Nikon D3s AF-S Nikkor 14-24mm F2.8G ED

高校時代 通学のバスの中から3年間、毎日見ていた夕張のシューパロ湖。

夏はボートに乗ったり 冬にはワカサギ釣りで楽しんだりと想い出深い場所。

秋には紅葉が奇麗で 水面もまるでバスクリンを入れたような鮮やかなグリーンに見える日があった。
[PR]

by miyu-uni | 2010-08-25 22:14 | 思い出の夕張
2010年 07月 04日
ビックモロー
a0039489_20281313.jpg
撮影機材:OLYMPUS PEN E-P2 LEICA D SUMMILUX 25mm F1.4 ASPH

室蘭から本日帰宅。

札幌→夕張→室蘭→夕張→札幌というスケージュールで金曜から出かけていた。

夕張では小学校から中学まで一緒だった同級生の諸沢氏のお店に顔を出しメロンをご馳走になった。

実は奥さんも同級生!  

やはり 今時のシーズンは超多忙のようだ。

電話もよく鳴ってる。 いいことだ。

お盆の頃に もう1度同窓会をやろうと約束をして 別れた。
[PR]

by miyu-uni | 2010-07-04 20:36 | 思い出の夕張
2008年 10月 01日
自転車の思い出
a0039489_0234014.jpg
撮影機材:OLYMPUS E-510 TAMRON SP AF 90mm F2.8 Di Macro 撮影地:札幌市 円山公園

初めて自転車に乗れるようになったのは
小学校の2年生か3年生の頃だと思う。

自転車が欲しいと親にせがんだら
数日後 父が1台のボロボロの自転車を持ってきた。
まるで三丁目の夕日に出てくるような雰囲気を持ったやつで
ハンドルには右と左にナイフの形をし黄色い物が付いており
ボタンを押すとピュッと立ち上がった。 
実は これがウインカーなのだ。

父に聞くと雑品屋で確か600円で買ってきたとのことだった。
自転車を見て落ち込んでいた僕は値段と買った場所を聞いて
乗る気が断然なくなった。

昔と言えど当時の夕張はまだ炭鉱が栄えており
友達は皆 いい自転車に乗っていた。

当時、僕の家は自営で運送の仕事をしていたが
同級生のほとんどが炭鉱マンの子供だった。
なかなか、周りの家のような生活には及ばなかったようだ。

小学校4年になり新しい自転車を買って貰えることになり
父と自転車屋に行き 赤い新品の自転車を買ってもらった。
15000円だった。考えてみると当時の自転車は高価なものだと思う。

ところで、なぜ赤かと言うと デザインとサイズが気に入ったのは
黒が無くて日にちがかかるとのことだったのだ。

親の気の変らぬ内に すぐに欲しい僕は在庫の赤を買ったのだ。
中学に入るまでの小学校時代はこの自転車で 野球、虫取り、釣り、化石取り
とにかく色々な所へ行った。

中学になると流石にママチャリっぽい形のしかも「赤」は恥ずかしく
乗らなくなり、新しい自転車を買って貰った。
確か38000円だったと思う。
こいつはすごいやつで、5段変速で極めつけはフラッシャー付きだ。
この頃はタイヤもラジアルタイヤ、ラジアルタイヤと騒がれていた。

変速機はサドルの前方に まるでオートマチック車のシフトレバーのような
物が付いていた。 

後ろの荷台にはどーんとフラッシャー(ウインカー)が付いていて
スイッチ1つで右から左、左から右へと明かりが音を鳴らしながら
流れるのである。 当時の僕の感想はカッコイイーの一言だった。

子供の頃に親に買って貰ったもので 一番高価で いつも一緒だったのは
フラッシャー付きの自転車だったと思う。

大人になって いろんな車を買って納車されたけど
あの自転車を手にした時の興奮と感動には遠く及ばない。
[PR]

by miyu-uni | 2008-10-01 00:25 | 思い出の夕張